体重管理

体重管理についてお届けしています。痩せられる秘密を知りたい人へ、基礎的な内容から解説するサイトです。

ホーム

体重を減量しただけではダイエット成功とは言えない

体重管理

ダイエットというのは、女性にも男性にも関心の高いことですが、間違った方法で実践している人が少なくないようです。
ダイエットは、体重を減らすためにやることが多いですが、体重の増減だけに一喜一憂していては、ダイエットにはなりません。
もしも、ダイエットに取り組もうとしているのなら、体重を減らすことだけでなく、ダイエットの本質を見ることが大事です。
ダイエットの中でも、体重だけ減量するというのはそんなに難しいことではありません。
言ってしまえば、飲み食いをしないでしばらくいれば、体重を減らすことが可能です。
健康増進や、美肌効果も同時に得られるようなダイエットをするように心がけましょう。
ただ体重を落とすためだけに、無理をして一切食事を摂らないという選択をしたら、体に大きな負担がかかります。
身体機能を維持するために必要な栄養が補給されないと、いかに丈夫な人でも、体調不良を招いたり、精神的な不調を来してしまいます。
たとえ体重を減らせても、そのせいで具合の悪そうな見た目でいつもふらふらしていたら、美容のためのダイエットという観点からは失敗です。
本当に正しいダイエットというのは、食事の内容も見直し、さらに適度な運動をしながら筋肉を維持させていくことにほかなりません。
新陳代謝のいい体になり、バランスよく全身に筋肉をつけて、消費カロリーを増やして体重減少を促進することが、健康や、美容を意識したダイエットといえるでしょう。
体重だけがダイエットの目的でないことを意識して、健康増進や、美容効果の高いダイエットをするように、心がけるといいでしょう。

急激な体重減量の危険性

体重管理

早く痩せたいからと、体に無理のかかる方法でダイエットをすると、結果的に健康を損なうことがあります。
もしも、ダイエットと、健康や美容を両立させたいと思っているなら、身体にダメージの大きいダイエットはやめましょう。
カロリー制限によるダイエットを実行する人は少なくないですが、単純に食べないだけのダイエットは体によくありません。
体の仕組みを理解した上でダイエットに取り組まなければ、減量どころか元より体重が増えてしまう可能性もあります。
ダイエットサプリメントに頼り切った痩身方法や、特定の食材だけを食べ続けるようなダイエットのやり方は、体にとっていい影響を得られません。
身体に危険が及ぶ可能性のある過激なダイエットは、しっかりとした知識を得た上で、慎重に取り組む必要があります。
貧血や、疲労、精神的なイライラ、回復力の低下など、ダイエットのために食事を減らすと、色々な不調が身体に発生することがあります。
ダイエットのためにと食事を減らし続けて拒食症になったり、臓器に深刻なトラブルが起きるようになってしまうなど、重症化の恐れもあるのです。
ダイエットのやりすぎで、脂肪の減少に皮膚の収縮がおいつかず、お肌がたるみきってしまう可能性もあるようです。
脂肪が多くついているお腹やお尻がたるむことが多く、脂肪が減少しても皮膚がたるんでしまい、減量できたとしても見た目が美しくありません。
たるみが目にあまるほど多いと、整形外科でたるんでいる分の皮膚を除去するしか、対処のしようがなくなってしまいます。
体重を減量させる時には、体に負担のかからない健康的なダイエット方法を選択することが大切です。

減量しても体重が減らない時には

せっせとダイエットをしているのに、減量効果が出ず、体重が変わらないことがあります。
ダイエットをしている時、減量効果が目に見えてわかるうちはいいのですが、効果が出ないとモチベーションも低下します。
空腹を我慢して、つらいダイエットを続けているのに、体重が全く変わらないという日が続くと、何のために頑張っているのかわからなくなって、やめたくなります。
ダイエットをしていると、始めのうちは体重がしっかり減っていたのに、ある時を境に減らなくなることがあります。
食事の量を減らしても運動を行っても、体重が全く減らないことにイライラしたりして、志半ばで挫折してしまう人も多くいます。
人には、ホメオスタシスという機能が備わっているために、ダイエットをしていると、体重が減らなくなるという症状が起こりえます。
短期間で急激に体重が減ると、ホメオスタシスは短期間で体の状態が変わりすぎないように、代謝を低下させるなどして対処しようとします。
人体は、しばらくカロリー摂取が途絶えた状態が続いたとしても、体脂肪をエネルギーに変えて生き延びようとします。
その場合、脂肪を使い切ってしまえばもうエネルギーの補給はありませんので、体は節約状態になって、今あるエネルギーをできるだけちょっとずつ使おうとするわけです。
ホメオスタシスは永続する機能ではないので、大体1カ月程度で終了し、再び体重が減り始めますので安心です。
ここでダイエットをやめてしまうと逆に体重が増えてしまうことになるので、焦らずに今まで通りの減量を続けていくことが大切です。
継続的なダイエットを成功させるためには、ホメオスタシスが働いている時は体重は減りづらくなるということを理解して、気長に減量を継続することがポイントになります。

体重減少とは

体重減少を望ましいことと考える女性は、少なくないようです。
状況によっては、ダイエットの結果ではなく、具合を悪くしたことで体重減少が発生したということもあります。
ダイエットが順調に進んだ結果であるならば、体重減少も好ましいことでしょう。
特にダイエットなど食事制限などをしていないのに、体重減少をしてしまう場合には、体調の面から見るとあまり良いサインではないと言われています。
カロリーをたくさん使う時や、摂取するカロリーが多くない場合は、体脂肪をエネルギーとして消費するため体重減少があります。
カロリー摂取量が減る要因は人それぞれです。
わざと食事量を減らすこともありますが、メンタル面が原因で食欲が低下することもあります。
体調を崩して、食事量が減る場合もあるでしょう。
体重減少の理由が、ジムで汗を流しているからだとか、外出する仕事が増えて昼間の運動量が増えたからという事例もあるでしょう。
食事はしているけれど、カロリー吸収がうまくできないという時も体重減少はあります。
体内吸収がうまくできないというのは、体調が悪くなることで消化器官の働きが衰えて、栄養が体内に入ってきても、うまく吸収できないために体重減少が起こる事があります。
なぜ体重減少がしているかわからないけれど、事実として体重が減っているという場合は、自分の体に問題が発生していないかをしっかり見極めることです。
体重減少が、体調不良の症状の一つで起きていることがありますので、気をつけるようにしましょう。

体重減少とストレス

体重減少が起きる時には、何らかの背景要因があります。
ダイエットをしていないけれど体重が減っているなら、まずその要因を探してみましょう。
最近の人は、溜まったストレスが原因になって病気になってしまうことがあります。
職場環境、家族との関係、人付き合いなどで緊張状態が継続すると、ストレスにつながることがあります。
ストレスを長い時間受けつづけていると、交感神経の働きが高まります。
胃の消化吸収を促す働きをする副交感神経の働きが鈍くなります。
副交感神経の働きが正常でなくなると、食欲がなくなってしまうのです。
精神的な要因で消化力が下がると、体重減少だけでなく、それ以外のデメリットも起きます。
胃かいようや胃炎なども、消化機能の低下と関わっています。
下痢気味になって、お腹が常に痛いという人もいます。
体重減少しているけれど、どうしてそうなっているかわからないという人は、気づかないうちに過剰なストレスがかかっていないでしょうか。
過剰なストレスにさらされていながら、そのことに気づいていない人もいます。
職場の問題や家族との関係に忙殺されていて、ストレスを自覚する余裕もないという人もいます。
疲れすぎてしまって、体調管理をするような余裕もエネルギーも無い状態に陥っている事も考えられます。
家事や職場環境のことばかり見ていて、自分のことがおろそかになる人もいます。
気づかぬうちにストレスを抱え込んでいないか、体には他にどんな変調が起きているかなどを確認しながら、体重減少の原因を探っていくといいでしょう。

体重減少と疾患

体重減少が起きるのは、ダイエットやストレスの他に、どんなことがあるでしょう。
具合を損ねるなどの理由で、体重減少が発生するということがあるようです。
拒食症は、体重減少が起きやすい症状の一つです。
拒食症は太ることへの病的な恐怖心などから、食事ができるなくなる症状です。
拒食症になれば、極端に摂取カロリーを減らしたり、食べたものを吐いてしまったりして、体重が増える事を極端に抑えようとする症状があらわれます。
体重減少を目的に、必要もないのに下剤を使う人もいます。
拒食症になると、どこまでも体重を落とそうとするために、突然死をしかねないくらい体重減少をしてしまう人もいます。
体重減少の背景に、糖尿病がある場合もあります。
人間の体は、食後に血糖値が上昇するようにできています。
通常、インシュリンの作用で上がった血糖値は下がりますが、糖尿病になるとこの機能が思うように動かなくなり、血糖値は高いままです。
糖尿病の症状は、喉の渇きや、体重減少が起きることだと言われています。
体重の減少を引き起こす原因として考えられる疾患は、慢性胃炎、胃がん、吸収不良症候群のほか、うつ病などいろいろなものが考えられます。
体重減少は、起きたからといって絶対に治療が必要な病気になっているとは断言できません。
特に何をしているわけでもないのに体重減少が続くという時は、体調にトラブルが起きていないかをしばらく確認し、自分の体に何がおきているのかを把握するよう努めましょう。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2018 体重管理で行うダイエットで飽きないうちに痩せる All rights reserved.