体重管理

体重管理について学びたいと思っている方はたくさん居るのではないでしょうか?当ホームページを活用してダイエットの成功方法について勉強してみてはいかがでしょうか。

ホーム

体重だけでは判断できないメタボと肥満の違い

体重管理

見た目が肥満体型では無い人でも、健康診断でメタボであると指摘される可能性があります。
肥満とは、身長を考慮しても体重が多すぎるという状態ですが、肥満だからメタボリック症候群とは限りません。
体重を身長の2乗で割った数値のことをBMIと言い、BMIが25以上、腹囲85センチ以上、女性は90センチ以上の場合を肥満と定義しています。
肥満、イコール、メタボという認識を持つ人もいますが、メタボと、肥満は別ものです。
メタボリックシンドロームは別名、内臓脂肪症候群とも呼ばれており、将来、重篤な病気になるリスクが高まることから、早めの対策を取る必要があります。
心筋梗塞や、脳の血管疾患、高血圧や、高血糖といったトラブルが、メタボリックシンドロームによって将来的に起きやすくなることが、対策が必要となる理由です。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満と高血圧・高血糖・脂質異常のうち2つの状態が見られることを言います。
一口に肥満といっても皮下脂肪型と内臓脂肪型があり、皮下脂肪型肥満ならばメタボリックシンドロームとは見なされません。
もちろん皮下脂肪型の肥満であっても、高血糖や高血圧症の原因になりますので、改善が必要です。
医療の観点からメタボ治療が必要なのは、動脈硬化の症状がこれ以上悪くならないようにというものです。
そのために、適度な運動と、食生活の見直しで、身体カロリーの消費を促すことが必要です。
日本で国全体によるメタボ対策に乗り出した理由としては、健康促進と同時に医療費の増加抑制という狙いもあります。
必要に応じてメタボを解消し、年をとっても健康的でいるために、40歳以上の人が受けられる健康診断を利用してください。

体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を

体重管理

メタボは、メタボリックシンドロームを略したもので、高血圧か高血糖、脂質異常のどれか2つと、内臓型肥満体型という条件が設定されています。
内臓脂肪症候群や、インスリン抵抗症候群は、メタボリックシンドロームの症状の1つとして考えられます。
メタボの診断基準は日本独自のものとなっていて、世界保健機関や海外の国々とは異なっています。
内臓脂肪が多くなると、高血圧や、高血糖のリスクが高くなることから、内臓肥満は改善が必要であることが、かねてより指摘されています。
血糖値や、血圧を適正に保つことが健康維持の上では重要であることは、高血糖や、高血圧は、将来的に動脈硬化になりやすくなることからもわかります。
どんな状態をメタボといい、将来的に危険なのかを明示することで、健康増進を意識する人が増えることが意図されています。
世間一般の印象では、メタボは肥満の人がなるもので、肥満の人は外見で判断がつくと思われがちですが、そうでもありません。
メタボリックシンドロームの診断では、血糖値や、血中脂肪のほか、腹囲が何pあるのかを計測することが必要になります。
男性は85センチ以上、女性は90センチ以上の人はメタボリックシンドロームのリスクがあると診断されます。
メタボリックシンドロームの基準に腹囲があることは多くの人が知るところで、そのためにメタポ体型は太っていると考えている人もいますが、体重がそれほど多くないこともあります。
もしもメタボリックシンドロームだと言われたら、今後も健康で生きていくためには、メタボを解消していかなければなりません。
メタボ解消のためには、健康的な方法で内臓脂肪を消費して体重を減らすことが大事です。
運動をする機会を多くしたり、食べ過ぎを防いだりして、体質改善に取り組みましょう。

体重を減らしてメタボを改善するには

メタボリックシンドロームになる要因は人それぞれですが、内蔵脂肪が蓄積されることが主な理由といえます。
カロリー過多な食事や、運動量が少なすぎことで、体の中に使い切れなかったカロリーが蓄積され、内臓脂肪になります。
積極的に体を動かしたり、間食や夜食を避けて体が必要としている分だけの食事をとることが、内臓脂肪を減らすためには必要です。
健康診断でメタボリックシンドロームと診断されたけれど、食事量を減らしたり、運動量を増やす意欲がわかないという人もいます。
メタボ状態を放っておくと、血管が硬く流れづらくなって、年齢を重ねるにつれ目づまりが起きやすくなり、動脈硬化の危険性が高まります。
ですので、生活習慣の見直しや毎日運動をすることで内臓脂肪を減らす必要があります。
皮下脂肪より、内臓脂肪のほうが運動によって消費されやすいですが、増加しやすいというネックも存在しています。
内臓脂肪の減少を目指すには、毎日の食事内容を改善することや、習慣として運動をして消費エネルギーを絶やしていくことです。
ウォーキングや水泳など、ちょっとした運動を習慣にして取り組むことで、体に筋肉がつきやすくなり、脂肪の燃焼効率がよくなって、痩せやすくなります。
肉や油ものはほどほどにして、薄味で健康にいい食事をすることで、食事内容の見直しでは有効です。
野菜や、果物を多く食べるように意識してください。
食事をする時には、満腹するまで食べようとするとカロリー過多になりますので、ほどほどにしておきます。
健康的な食事と無理のない運動を続けることで、内臓脂肪が減少し、次第にメタボが改善されていきます。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2018 体重管理で行うダイエットで飽きないうちに痩せる All rights reserved.